〜神よりしあわせ〜ニール・ドナルド・ウォルシュ

アクセスカウンタ

zoom RSS HT大阪中央 第4回 「あなた自身の神との対話」について。

<<   作成日時 : 2010/11/03 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成22年10月31日(日) 開催

ご参加頂いて、本当に!有り難うございました。 

《 開催内容の概要 》

HTの活動について報告。
初年度『 ワンネスの日は、10月24日(日) 』でのイベント報告。

開始前。
参加者が瞑想の経験があること、神との対話・変われば変わるを読んでいることを確認。

エモーショナルは、上空からの気を体に入れて地面に流すことを15分。
落ち着いた気分になった後、瞑想を10分。あまり深いところまでは導きたくはありません。
ちょっとしたゲームを盛り込みました。 

その後。

『 変えれば、変わる 』は、基礎に基づいて話しています。

@ 「視座を変える螺旋階段」

A 「Being」

 「 Be 」 ○○でいる。(幸せでいる 在りのままでいる 平安でいる)
       ↓
 「 Do 」 行動をとる
       ↓
 「 Have 」 経験が出来る

B 「感情と感性の違い」

 感情は、「感性」と「感情」あきらなな違いを区別する説明。

人は皆ワンネスだけど、肉体によって他者との区別しているだけ。
皮膚の外側で区別されているだけ。「区別」しているのは、違いを知るため。

「感性」と「感情」は違うことだという、はっきりした区別。 

「感性」は、(自分の魂からの言葉を聴く)フィーリング。

「感情」(マインド)の数は限られています。
「恐れ」「怒り」「悲しみ」「羨ましい(嫉妬)」
「愛」「喜び」「平安」

『 感情 』とは、感性+感情(マインド)の分析+過去のデータであって
このような感情に支配された現実にいると、
足踏みした精神状態や、何度も繰返される出来事(試み)がやってきます。

より視覚的、感覚的な理解のため、
nana&joeさんの描いたポスターが役立ちました。有り難うございます!!


当日は、ばらばらと参加者が増えていくような展開でした。
私が困った時や、会話の内容の理解や、話の流れの方向を変えるタイミングは
全て、感性を使って話しています。 

時折、言わされている時もあること(笑)を、私の中では受け入れています。

トラブルの回避を重視していましたので、先にそれが起こる気配は無く
どうやら、そのまま進行しても大丈夫そうだと、直感しています。

総勢12名の、上下関係や利害関係の全く無い集まりでした。

Nana&joeさんのリトリートで知り合ったメンバーと会えるのは、
9月18日〜19日以来ですので、6週間ぶりです。懐かしいな!
大阪まで来てくれてありがとう!!

参加者さんは、『 神との対話 』というストーリーを読んで
現実世界でも、より自分らしい自由な人生を送りたいと!
選択したがっているように私は感じています。

気づきは、行動につながる!!って素晴らしいですよね。

私達は、変化の速い時代に、感性は距離を超えて移動する時代に
共に過ごしています。
人の情報処理に対する変化は、加速度が増しているように感じます。
選択するのは、感性が心地良さを感じることでありたいと!私は思っています。


お題目は、「自分ひとりで切り抜ける」という決意を変えよう。でした。

「ひとに迷惑をかけてはいけない」ことは無い!という言葉の意味は、
日本語では、お互い様!!と言えば、解りやすかったのだろうと 

誰かの為に生きる事は、自分自身を嫌わずに愛してあげることが大切だ!と思っています。


幼い頃から、小学校・中学校の教育でも教えられる
公共の場では静かにする →「ひとに迷惑がかかる」
人の物を黙って使わない →「ひとに迷惑がかかる」
といった、生活していく上での基本的なルールの事ではありません。(前提として)



『 (音読した)本の内容について、シェアーしたいことは?
感じたこと、疑問に思ったこと、出来事やどうしてなのか?疑問に思うことは
ありませんか?何か感じたことでも。 』


・ 困った度合いで助けるのか?相手によって助けるのか?
・ 特に男性は、仕事場では、自分ひとりで切り抜けないと!といった場面が多く
   相手に対して親身になる場が少ない。
・ 同様に、鎧を着ているような感じ。自分の困り度を周りに言えない。
・ 困っていない人に対して、押しつけがましく教えてしまう事があった(反省を込めて)
・ 女性は共感して話あっている。男性と女性の違い。
・ 女性の生活感が密着しているのは、仕事以外の問題点を多く抱えるから。
    嫁・姑、子どもなどの家族と過ごす。介護や、(生活費・学費)お金の問題。

課題を元へ戻す。
・ 幼少期に助けてくれていた大人に対して、遠慮があり行動や態度を偽っていた。今思えば、
   寂 しかったと言えば良かったと思う。感情はバレバレなのに、
   無理している事を見る方が辛かっただろう。(反省を込めて)
・ 共感をもってあげたいと思うから、相談相手になれていると思う。
・ どうすれば良いのか?は、相談した人が既に持っていて、相談を聞いてあげることで
   本人が自ら気づくことがある。
・ だからこそ。共感を持てる場では、意見を言いやすい。
   普段言わないだろう身の回りのことを、皆の前でどんどん手を挙げて言っている現場に
   居た。このような場であるからこそだと思う。

終了!! それぞれの気づき度合いは、それぞれが選択して下さいね!

世界中の神についての議論では無くて、ひとまず安心しました。
スタディーグループガイドラインは、今までと同じように「堅い」と言われましたが
言葉による批判や中傷で、自殺する人がいますので。ありのままの私は譲れないのですよ。


その後、親睦会へ。
楽しい時間と、初めて会ったのに馴染んでくれて有り難かったのと
お互いの今後の活動や悩みを、相談しあえるような仲でありたかったこと
出会えて、話が出来ること。などなど。

ハグハグするHTって、ここだけ?かも知れませんね(笑)

また!!お目にかかりましょう! 
現実を、より自分らしい自由な人生を楽しくすごせるか?を考えるのは、
人の責任にするのでは無い、全く別の生き方です。

『 誰かの為に生きる事は、自分自身を大切に愛してあげることから!始まります 』

側にいる人に、『 笑顔で過ごして欲しい 』と伝えてみたら
急に言われてびっくりされるだろうけれど
やがて、笑顔が返ってきます。

気づきは、行動につながる!!って素晴らしいですよね。

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://axia-group.net/ht/link.php
HT大阪中央 第4回 「あなた自身の神との対話」について。 〜神よりしあわせ〜ニール・ドナルド・ウォルシュ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる